平日お昼にサッと読む どろんぱの散文

シンプルな暮らし、いい言葉、映画、プチプラ、ダイエット、その他日常で心に触れたものと人。

人様のマニアックなコレクション話が聞きたい。

人はなぜ収集するのか。皆様のマニアックなコレクション話を聞きたくて本記事を投稿します。

私はかつて柔軟剤にドハマりしていました。

f:id:doronpa316:20191125133148j:plain
収集癖も衝動買いもしないんですが、唯一まだあるのについ買い足して部屋に並べて眺めてほくそ笑むもの、それが柔軟剤でした。今でこそ「シンプルな暮らし」を目指し、必要以上のストックはやめましたが。



私の場合:海外柔軟剤

当時は今ほど国内モノの柔軟剤市場が盛り上がっておらず、もっぱら海外柔軟剤を集める日々。メキシコダウニーのぶわぶわした感じとスナグルズむせるような匂いがたまらなかったのですが前者は徐々に気分が悪くなるほど苦手になっていった不思議。最近はインドネシア製moltoの緑がメインです。

かつてクロアチアで買った柔軟剤も残っていて、これをスーハスーハするのも至福。
f:id:doronpa316:20191125131621j:plain
仕上がりにもこだわる時はコインランドリーで乾燥し、余裕があればすすぎの4分前に投入します。入れすぎ注意! 

友人A:色鉛筆

友人1の収集癖は画材。特に色鉛筆と世界の紙で、色鉛筆はたぶん2万本以上持っているとのこと。ちなみに「一番好きな紙はイタリアのクラシコファブリアーノだよ」と言われたんですがマニアックすぎて相槌しか打てない。

 

祖母:昔の地図、古銭

亡くなった祖母は古銭を集めるのが好きでした。記念紙幣とかも。地図も年代モノやレトログッズ収集が好きな方って多いですよね。

ぶらタモリに資料提供できるんじゃ…というほど古い京都の地図も遺品から出てきました。あとフクロウモチーフのものも。

 

友人B:ブックカバー

友人はブックカバーが大好きで、本の数より多いとか。

f:id:doronpa316:20171030120854j:plain

しかも赤系一色だそうです。赤に覆われたお気に入りの書籍たちが本棚にびっしりと並ぶ様を眺めるのが最高なんだとか。

想像してみたら、確かに神秘的な感じ。

友人C:ユニコと茶芝犬

友人Cは手塚治虫氏のユニコ茶芝犬マニアで、その中から気に入るデザインだけ厳選して買うという堅実?なコレクター。

彼女から聞くまでユニコを知らなかったんですが、数年前に迎えた40周年記念イヤーには、街の雑貨屋さんにあらゆる商品があったとのこと。彼女の目も輝いてました。

友人D:紅茶・食器・製菓道具

収集が趣味なのか趣味に必要なのものを収集するのか分からなくなってきているとは本人談。

まとめ

晴天の朝に洗濯機を回し、気分に応じて柔軟材を使い分けるあの幸福感たるや…!

f:id:doronpa316:20191125131601j:plain
数年前までは、置き場に困るほどに懲りもせずポチポチポチポチと買ってました。いい香りする女子とか崇高なものを目指したわけではなく「洗濯物がいいにおい=しあわせ」なんです。

収集って一種のしあわせなんですよね。

皆様の妙なコレクション話も是非聞かせて下さい。




本日の名言。

 

幸せとは欲しいものを得たり、なりたいものになったり、したいことをしたりするところから来るものではなく、 今得ているもの、今していることを、あなたが好きになるところから生まれる。

トリーチェ