平日お昼にサッと読む どろんぱの散文

シンプルな暮らし、いい言葉、映画、プチプラ、ダイエット、その他日常で心に触れたものと人。

100記事達成というシンプルな結果が照らしてくれたもの。

ブログを始めようと誘ってくれたリアル知人に「とりあえず100は絶対に書くから、書いてくれ」と言われるがまま、半ば意地で続けてきたはてなブログ


飽き性、筆不精、面倒臭がりの私が脳みそを使って少なくとも100日ネタを考えたという事実を不思議に想いながら書く今日のこの記事が100件めです。

ネタがなくても二日酔いでも書き続け、100という数字を100日で達成できたことへの感謝とまとめのようなもの。

f:id:doronpa316:20170925212323j:plain

「100」までの過程


何のために、誰のためにとかは考えず、とにかく手を動かす、書くを最優先に書き続けました。今日のは内容が薄いな…と後ろめたく思いつつアップしたら、反響が大きかったことも多々あったのが面白いところ。

f:id:doronpa316:20170926073741j:plain

つまらない記事か面白い記事かは読んだ人が判断するものなんだと分かって以降、書くのが幾分か楽になりました。「とにかく書く!」は人気ブロガーさんも共通して掲げている大原則だと思います。

「100」という数字の意味


「100万円あったら」や「100人にアンケート」など日常的に使う目安の数ではあれど、ブログ記事に関しては謎。
f:id:doronpa316:20170926074402j:plain

ですが身に余るコメントなどを頂くたび、自分のブログの在り方や理想を考えるようになりました。

一人でも人の心に響くものがあれば、何かのヒントになっていれば、100という数字に大切な意味があったと言えるかなと思っています。そして文章の上手いヘタではなく、想いを込めて必死で書けば、その可能性は上がるという所感です。

「100」の中で意識したこ


人と比べないこと、言葉を選ぶこと、会ったことのない読者の方々を想像すること
を意識して続けてきました。

あとは行間の取り方やレイアウトを自分なりに考え、読んでいて心地よいと感じる方のブログを参考にさせてもらっています。

f:id:doronpa316:20170926075320j:plain

書く環境や書く時間、スタイルを極力統一することで「執筆モード」に入りやすくなり、ルーチンとして日常に埋め込めたのも、継続の秘訣かもしれません。

「100」への謝意


皆様の日記、珠玉のコメント、知恵や恩恵。受け取ったものは数知れず。芸能人でもアスリートでもないですが、「声援やファンの支えのお陰」という言葉の意味を心から感じます。

執筆活動は骨が折れるという苦手意識が、いつしか「続けよう」というモチベーションに変わったのは、紛れもなく読者の皆様から返ってくる反応のお陰です。

f:id:doronpa316:20170926075718j:plain

ブログを始めてよかったと思える一番の理由は、会ったことのないたくさんの面白い人とブログを通してお近づきになれたこと。

「100」のまとめ


アクセス数は約54,500件でしたが、この数字にあまり関心はなくアナリティクスも完全放置。その一方で、これだけの数の方が読者になって下さったことは、大きな誇りと自信になりました。

f:id:doronpa316:20170926073106p:plain※2017年9月26日現在

気が付けば、苦労もあるけど書くのが楽しいと思えるようにまでなっていましたが、言葉を捻り出すのに必死なのは相変わらず。

いつまでブログを続けられるかは分かりませんが、書く限りは開始当初のコンセプトからブレることなく、あくまで質素に、平日お昼にサッと読めるブログを目指します。

今日は只々、縁あって私のブログに関わって下さった皆様に敬意と愛と感謝を込めて。





空は繋がっています!!!(※3回目)




今日の名言。


歩け、歩け。続けることの大切さ。

伊能 忠敬