平日お昼にサッと読む どろんぱの散文

シンプルな暮らし、映画、ダイエット、プチプラ、節約、いい言葉、その他日常で心に触れたものと人。

好奇心旺盛ですが食べ物は冒険できない派です。

割とアクティブで好奇心旺盛な気質だと思っていますが、唯一食べ物だけは冒険しません。

ファミレスへ行けばいつも同じメニュー、ラーメン屋さんでもメニューの一番上に書いてある普通のラーメンスターバックスでは言わずもがな「本日のコーヒー」を頼みます。

f:id:doronpa316:20170904231747j:plain

食べ物の未体験ゾーン
へ飛び込むのが億劫な保守派。味の想像がつかないような新発売のドリンクを買ったり、限定メニューを頼むこともあまりしません。

有名カフェにて

先週末、とある京都のカフェに連れて行ってもらいました。「特にパフェとランチのネーミングが斬新なことで有名」という予備知識と共に入店。

予想の上を行くトリッキーなメニュー名を抜粋します。

君といつまでも

ヘラクレスのルンバ

あなた色に染められたい

行き当たりばったり

欲望の塊

クララが立った

子供じゃないんだ

 

…なるほど確かに。

小さい文字で解説もきちんと書いてあるのですが、やっぱりアイスコーヒーとタルトをオーダー。

f:id:doronpa316:20170711065450j:plain

メディアに何度も登場してるだけあってお客さんでいっぱいの素敵なカフェで、「ミンチカツサンド」など一般的なメニュー名のものもちゃんとあります。

メニュー名もシンプルが良い

大学時代は居酒屋でバイトをしていましたが、「びっくり大根」という看板メニューがあり、これどういう食べもん?と聞かれること一日平均3回。


「そちらは大根を縦半分に切ったものにそぼろの餡かけを…」というお決まりの長いセリフを繁忙期に繰り返すのは、とても効率が悪い気がしていました。

f:id:doronpa316:20170904232821j:plain
自分が飲みに行く立場でも「野菜のバクダン煮込み」とか、なんだそれは、っていう系統のものは避けがち。

漬物盛り合わせ。
チキンカレー。

しっくり来る。メニュー名もシンプルなのが好きです。

シンプルに食べる

あまり調味料で楽しんだりせず、そのまま食べることが多いです。

冷や奴はミョウガに醤油ひとたらしとか、ステーキは岩塩で食べるとか。フライドポテトに振るシーズニングも不要。

f:id:doronpa316:20170904231350j:plain
これにこれを足したら美味しくなる!のを突き詰めるのも楽しそうだし、美味しさとの新たな出会いを自ら減らしている感も否めないのですが、ダメだった時の胃袋や心の失望感を思い出す「食事ではあまり冒険しないでおこう」という結論に至りました。

それでも冒険してみたら

トマトに砂糖
切り干し大根とヨーグルト
砂糖と牛乳とシナモンで煮たお粥
マンゴーに塩と唐辛子


冒険の結果、美味しい!と思えた食べ合わせです。

その昔、揚げ物とスイカを一緒に食べた時は本当に一日グッタリでした。身体によくない食べ合わせを知らずにやってしまうリスクもあるので、食べ物への攻めは注意が必要かと。



今日の名言。


Everything should be made as simple as possible, but not simpler.

ものごとはできるかぎりシンプルにすべきだ。しかし、シンプルすぎてもいけない。

アルベルト・アインシュタイン