平日お昼にサッと読む どろんぱの散文

シンプルな暮らし、いい言葉、映画、プチプラ、ダイエット、その他日常で心に触れたものと人。

「逆説の10カ条」を実践できる人間を目指して。

生き方や言葉から、尊敬している偉人はたくさんいますが、マザー・テレサもその中の一人。

インドのカルカッタマザー・テレサの建てた「孤児の家」があり、そこの壁に綴られていた『Anyway』から始まる言葉。

これが後に「逆説の10か条」として世に広まっていくのですが、元々はケント・M・キース氏が大学生時代に、高校の生徒会のリーダーたちに向けて書いたもの。

f:id:doronpa316:20170829085546j:plainhttp://d.hatena.ne.jp/hiroshisj/20150810/1439201463

それに感銘を受けたマザー・テレサが少し形を変え、建物の壁に書いたものが、彼女が亡くなった1996年に発見されたのをきっかけに、世界に知られるようになりました。

 

逆説の10カ条

1.人は不合理で、わからず屋で、わがままな存在だ。それでもなお、人を愛しなさい。

2.何か良いことをすれば、隠された利己的な動機があるはずだと人に責められるだろう。それでもなお、良いことをしなさい。

3.成功すれば、うその友だちと本物の敵を得ることになる。それでもなお、成功しなさい。

4.今日の善行は明日になれば忘れられてしまうだろう。それでもなお、良いことをしなさい。

5.正直で素直なあり方はあなたを無防備にするだろう。それでもなお、正直で素直なあなたでいなさい。

6.最大の考えをもった最も大きな男女は、最小の心をもった最も小さな男女によって撃ち落されるかもしれない。それでもなお、大きな考えを持ちなさい。

7.人は弱者をひいきにはするが、勝者の後にしかついていかない。それでもなお、弱者のために戦いなさい。

8.何年もかけて築いたものが一夜にして崩れ去るかもしれない。それでもなお、築きあげなさい。

9.人が本当に助けを必要としていても、実際に助けの手を差し伸べると攻撃されるかもしれない。それでもなお、人を助けなさい。

10.世界のために最善を尽くしても、その見返りにひどい仕打ちを受けるかもしれない。それでもなお、世界のために最善を尽くしなさい。

 ケント・M・キース - Wikipedia

 

麻生太郎氏も実践


内閣総理大臣時代にメディアを通して見るたびに、「この人は凄まじく強いなあ」と漠然と思っていました。

この「逆説の10カ条」は、政治家の麻生太郎氏も壁に貼り、小さい頃から守り続けているそうです。何となく納得。

f:id:doronpa316:20170829115131j:plainhttp://heritager.com/


巷では「ギャング」とか言われている麻生太郎ファッションですが私は好きです。渋い!

強く優しく生きるために

 

自分に自信が持てなくなった時、仕事に悩む時、課題に向き合う時、どうすればいいのか煩悶している時期。

そんな時に反芻したい10カ条です。

分かっていても実践するのは相当難しいもの。忘れかけていたことへの自戒の念も込めて。だがしかし完全に忘れてはいなかった自分を褒めてあげよう。

自分が胸に留め置いているものや信念を大事に守るために、胸に刻んでおきたい言葉です。

それでもなお、人を愛しなさい―人生の意味を見つけるための逆説の10カ条

それでもなお、人を愛しなさい―人生の意味を見つけるための逆説の10カ条

 

今日の名言。


Be faithful in small things because it is in them that your strength lies.

小さな事に忠実でありなさい。小さな事の中にあなたの強さが宿るのですから。

マザー・テレサ