平日お昼にサッと読む どろんぱの散文

シンプルな暮らし、映画、ダイエット、プチプラ、節約、いい言葉、その他日常で心に触れたものと人。

陽気なメキシカンお盆「死者の日」という無形文化遺産。

もう10年以上も前に、メキシコのオアハカという街で「死者の日」というイベントに参加しました。2003 年には「死者に捧げる先住民の祭礼行事」として無形文化遺産に登録されているもので、日本のお盆ともよく比較されます。

死者の日(ししゃのひ、スペイン語: Día de Muertos、英語: Day of the Dead)はラテンアメリカ諸国における祝日の一つ。特にメキシコにおいて盛大な祝祭が行われる。

 pinterest

日本のお盆に近い位置付けであるが、あくまで楽しく明るく祝うのが特徴である。死を恐怖するのではなく、逆にあざ笑うというモチーフとなっている。

どちらもwikipediaより引用


10月31日から11月2日まで。1年に1回、この世に戻ってくる故人の魂を現世の人たちで迎え入れる風習はまさに日本のお盆なのですが、迎え入れ方はラテン感満載

とにかくカラフル

f:id:doronpa316:20170811133721p:plainwww.estilomexicano.com.mx

時期が迫ると街中の至るところをマリーゴールド(死者を導きお迎えするためらしい)とガイコツで飾り、死者を悼んで祭壇を設けます。
カラフルな紙細工に色彩豊かな花びら、ろうそくなどを使ってゴージャスに仕上げられ、各家庭はもちろん博物館など公共の場所ですら、ド派手な死者の日一色になります。

 

街中ガイコツだらけ 

f:id:doronpa316:20170811133358j:plain

「死者の日」のシンボルはガイコツ。そのためSMクイーンのガイコツとか、ガイコツ犬と散歩するガイコツおじさんのオブジェなどが街中に溢れています。ガイコツパンにガイコツ砂糖菓子、ガイコツキャンドル、何もかもがガイコツ。メキシコでは、ガイコツ=再生の象徴であり、決して縁起が悪いものではないのです。

 

明るく死者を想う

f:id:doronpa316:20170811133420j:plain

せっかく家族や友人の魂が帰ってくるから、食べて飲んで歌って陽気に故人をもてなそう!というのがいかにもラテン。私も学生ブラスバンドの演奏と共に街を練り歩きました。小さい女の子が「一緒に歩こう」と言っていきなり手を繋いできたのですが、白塗り顔にガイコツメイクのとっても可愛い子(推定)でした。

 

祭壇への情熱

f:id:doronpa316:20170811134305j:plainwww.andina-travel.com/blog/292203264-html/

メキシコ人に「後で祭壇見に来て!」と言われたのですが、日本なら「ウチの仏壇の飾り見て!」と言ってるようなものでしょうか。いかに人の目を引くかに創意工夫がされた祭壇。お墓なのに”VIVA(万歳)!”とか書いてるし…まあこれだけ熱心に、しかも派手に飾ってくれたら故人も嬉しいだろうなと思います。

 

メキシコの死生観

メキシコでは「死」とは恐れるもの、タブーなものではないようです。生があれば誰にでもいずれは必ず死は訪れるもの。だから、「生」をとことん楽しもう!そんな感じに見えました。

 

私も数年前に大好きな祖父母を亡くし、まだ悲しみは抜けきっていないのですが、静かな日本のお盆スタイルでも明るい気持ちで「おかえりー」と迎え入れた方が二人も喜んでくれるかもしれませんね。

f:id:doronpa316:20170811135404p:plain

今日の名言。


一人ひとりに天の使命があり、その天命を楽しんで生きることが、処世上の第一要件である。

澁澤 栄一