平日お昼にサッと読む どろんぱの散文

シンプルな暮らし、いい言葉、映画、プチプラ、ダイエット、その他日常で心に触れたものと人。

語学力が自然とアップする効果的&お手軽な勉強法。

「自分の手足と脳みそを使って何かをやり遂げたという経験が欲しい」という理由で、親から少し費用の援助を受け(←この時点でなんかもうダメ)某国へ渡り、一年をそこで過ごしました。十何年も前の話です。

f:id:doronpa316:20170808063824j:plain

文法の基礎を学んだら

語学学校に飛び込み現地の言葉をひたすら勉強。
ホストファミリーとの会話はもちろん勉強になりますが、文法の基礎がついた頃「日記をつける」ということを習慣にしました。

当時の日記

日記をつけていたリングノートです。断捨離記事を書いておきながら引っ越しのタイミングをもってしても捨てられず、近々実家に預かってもらう予定。

f:id:doronpa316:20170807221727j:plain

めちゃくちゃ勤勉な人のノートに見えますね。
実際は文字が多いだけでとっても易しい内容を書きなぐったもので、文法の正否も不明。


この日は世界無形文化遺産でもあるメキシコの「死者の日」という骸骨だらけのイベントに参加したことを書いてます。

f:id:doronpa316:20170807224343j:plain
当時のことについてもまたブログに書きます。

好きなことを書けるから宿題より気軽

内容はホントに適当だったので、「勉強している」という感覚がないのもいいところ。とは言え時々は先生にお願いして添削してもらっていたので、途中から見てもらう前提で書くようにもなりました。

f:id:doronpa316:20170807224723j:plain

この流れに乗って語学力がいい調子で向上し、日記のレベルやテキスト量も右肩上がりに。

三週間くらいは続ける

毎日じゃなくてもいいのでとりあえず書いてみよう、ぐらいの気持ちで始めたら自然と習慣に。自然と辞書を引いたり調べるようにもなり、語彙も増えていきました。

当然続けないと上達はしませんが、日数や内容に明確なルールは決めず、適度にハードルを下げた方が継続はしやすいと思います。

今はブログで日本語を再考

ブログは厳密にいえば日記ではないのかもしれませんが、日々書くこと・読むことによって日本語力もついているのではと思う今日この頃。

難しい言葉を使えるかとか語彙の量云々より、丁寧且つ的確に自分の感情を表現できるかどうかが、コミュニケーションの質にも反映される大切なポイントだと思います。

f:id:doronpa316:20170807225526j:plain

おまけ

ノートの中身で分かるように、私が学んでいたのは英語ではありません。むしろ英語はほとんど話せないので、できる人が心から羨ましいのです。

f:id:doronpa316:20170807231352j:plain

ちなみに一年前ぷらっと旅行に行き、帰国便の搭乗手続きにて「窓側がいい」と伝えて席をとってもらったはずが中間列のド真ん中席でした。

英語って難しい。

 
今日の名言。


The quality of our thoughts is bordered on all sides by our facility with language.

私たちの思考の質は、言語能力の全ての面で隣り合わせである。

J・マイケル・ストラジンスキー