平日お昼にサッと読む どろんぱの散文

シンプルな暮らし、いい言葉、映画、プチプラ、ダイエット、その他日常で心に触れたものと人。

注射のとき針を見る見ない議論とボヤけた着地点。

少し前に行った献血検査用採血で、隣の席の方が採血中ずっと目を瞑って反対側を向いてました。

f:id:doronpa316:20170724214110j:plain


私は一部始終をしっかり見届ける派のため、勝手に温かい気持ちで見守りつつ「ああそうか、見ない人もいるよなあ」と、ふと思った次第です。


世の中には尖端恐怖症、血液が怖いという方もいらっしゃいますし、私の場合もいつ針が刺さるか分からないのが嫌で、心の準備をしたいから見ているだけで結局のところ

f:id:doronpa316:20170724220245j:plain

針を見ない注射が苦手
注射が嫌い注射が怖い


と一概には言い切れないですよね。

周りに聞いてみたところ、見る見ない派はほぼ半々

f:id:doronpa316:20170724221905j:plain


しかも

針ではなく注射器を見る
注射の瞬間は目をそらして、刺さったら見る


という新たな?派閥も。

献血中、血液の入った袋や管をまじまじ観察していたら「そういう人いるよねー」と看護師さんが笑ってくれました。彼女の中でどういうくくりだったのか分かりませんが、何となく変態予備軍と言われていたと邪推…。

f:id:doronpa316:20170724233300j:plain

心の痛みや体の痛みと脳の神経回路はリンクしているため、注射の時に目をそらす人は心の痛みに敏感な人、目をそらさない人は心の痛みに鈍感で冷たい人と言える、と某番組の話。

これもまた、あくまで「ホンマでっか!?」な一説です。書いておいて身も蓋もないですが、まあどっちでもいいのでは、という結論。

本日の名言はこちら。


Courage is resistance to fear, mastery of fear-
not absence of fear.


勇気とは 恐れに抵抗すること 恐れを支配することであって 恐れがないことではない。


マーク・トウェイン