平日お昼にサッと読む どろんぱの散文

シンプルな暮らし、映画、ダイエット、プチプラ、節約、いい言葉、その他日常で心に触れたものと人。

マインド

「頭にきたときは百まで数えよ。最悪の時は毒づけ。」

記事タイトルはアメリカの作家・マーク・トゥエインの言葉。「ひたすら忍耐!」でないところが人間臭くて好きです。過去記事の通り、私は怒るということは基本的にあまりしませんが、イラっと&モヤっとぐらいは多少なりともあります。言わない方がいいこと…

心の知能指数「EQ」の意識で育てられる対人関係能力。

頭の良さを示す知能指数(IQ)という言葉は、これまで度々耳にすることはありましたが、心の知能指数「EQ(Emotional Intelligence)」というものがあるということを知りました。 EQ こころの知能指数 (講談社+α文庫) 作者: ダニエル・ゴールマン,土屋京子…

自嘲・自虐・卑下に見る、自分の弱さとの向き合い方。

先日幼馴染みと会ったのですが、会えなかった間に我が身に降りかかった割と強烈な出来事を聞いてもらいました。笑いのネタにでもしておくれ、ぐらいの温度感で話したところ二人とも大爆笑。(それはそれで若干複雑ですが…)今日は自分の弱さを見つめるにあた…

「イメージ右脳」と「ロジカル左脳」の上手いバランス。

私は典型的な右脳人間です。想いを文字にすること(ブログ執筆も)、読書、頭を使って物事を突き詰めて考えることなんかが苦手。一方で、妄想やイメージ、落書きは得意であり、感覚的に生きてきた自覚があります。 「利き脳」診断 もう何年も前ですが、教え…

「天上天下唯我独尊」の意味をかなり誤解していました。

田舎出身の方なら頷いて下さるかと思いますが、「天上天下 唯我独尊」と聞くと、特攻服に施された刺繡のイメージしかありませんでした。加えて残念なことに、2つの四字熟語が組み合わさった言葉だとさえ思っていた私。本日はその言葉の意味について記事にし…

「六次の隔たり」をはてなブログに垣間見た気がする。

ご存知の方も多いと思われる「六次の隔たり」という仮説。 六次の隔たり(ろくじのへだたり、Six Degrees of Separation)とは、全ての人や物事は6ステップ以内で繋がっていて、友達の友達…を介して世界中の人々と間接的な知り合いになることができる、とい…

重たい腰が上がらない時に使ってきたゆるい策。

体型と体脂肪と体重が高速で変わってきているため、一日数キロでもいいから走ることに決めました。実際に決意したのはもっと前で、かれこれ1か月以上前から「走る走る詐欺」をしていたのです。怠け者で決意してからが長い私。今回もなかなか実行に移さなか…

「嘘が得意か苦手か」が5秒でチェックできるらしいです。

宴席で仲間の一人が「嘘が上手いか下手かを5秒で判別する方法」というものを教えてくれたので、その場にいた全員でやってみました。イギリスの心理学者で大学教授でもあるリチャード・ワイズマン氏が紹介したものだそう。 簡単チェック方法 やり方はとって…

旧交を温めたら心までほっこり温まるという随想。

幼馴染みが2人います。一人は幼稚園から一緒の同性。もう一人は、出会った時は「男の子」でしたが今は二児の父となった素敵なアラフォーです。出会いから四半世紀。お互いなかなか思うように会えないなりに時間を作り、先日やっと久々に会えました。本日は…

ゴミ箱へ捨てなかったゴミと、行動規範の向かうところ。

出張のため、一週間ビジネスホテルに宿泊中です。毎日部屋がキレイに掃除されていて、洗面台には水滴もホコリも髪の毛もありません。お陰で仕事後は部屋に戻ったら直ちに爽やかなベッドへダイブして、ぐーたら快適に過ごしています。本記事はそんなホテル滞…

点を描くのも、その間を線で繋げるのも自分自身。

点と点を結べば線になります。定規を使って直線を引いたのは遥か昔。大人になってからはノートではなく脳内に、自分のイメージで点の間に線を引いて繋げてきました。割と都合のいい線でしたが、メリットを感じることも多かったと思っています。 人との出会い…

自慢話にモヤっとしたりされたりすることについて。

「あの人は自慢話ばかりする」と眉間に皺を寄せる人、人の話に「それって自慢?」と聞いてくる人。私は人の自慢話に腹が立つということがないというか、むしろ自慢話をされていると言う感覚があまりありません。これにはそれなりの理由があります。 自覚がほ…

親子の形や距離感は多様であっていいと思う、という話。

「自宅から実家まで30分で、週に一度は実家に帰る」と言うと「それなら実家に住めばいいのに」という通俗的な答えが返ってくることが。そりゃまあそう言うよなあ、とも思うし、母のことは大好きなので本人にもそう伝えていますが、単にこの距離感が最適だか…

ギャップの無敵感とマイナスギャップの可能性について。

本人写真を掲載できず残念ですが、ミス・パーフェクトと呼びたくなる友人がいます。ルーシー・リューばりのルックスで細く長い手足、聡明で料理も歌も上手な上に性格も良く所作も綺麗。一方で黒光りするバイクを乗り回して全国を旅する男前っぷり且つオタク…

100記事達成というシンプルな結果が照らしてくれたもの。

ブログを始めようと誘ってくれたリアル知人に「とりあえず100は絶対に書くから、書いてくれ」と言われるがまま、半ば意地で続けてきたはてなブログ。 飽き性、筆不精、面倒臭がりの私が脳みそを使って少なくとも100日ネタを考えたという事実を不思議に想いな…

自分の外見には責任を持たねばならない、と改めて思う。

外見はその人を知るための重要な材料。実際はじめましての時に、相手の人相や雰囲気から無意識に人柄を読み取っていることが多々あります。人は外見か内面か?という究極の問いにも、「人間中身で勝負やで!」と言っていた私自身、30歳を過ぎたあたりから「…

「友人がいなければ世界は荒野にすぎない。」

記事タイトルはフランシス・ベーコンの言葉から。今日は大好きな友人に会えるということもあり、友情という関係について思うところを記事内で表現してみたいと思います。 友人とは 私の友人は私の財産です。ですので友人を蓄えたがる私の貪欲さを見逃してく…

全力でおすすめしたい映画5つをふらりとあげてみる。

これまで「泣ける」「スカッとする」など、ジャンル別にお薦め映画をいくつかブログ記事にしてきましたが、今日は単純に「これおすすめ!」と言い続けているマイベスト映画を5つご紹介します。ちなみに一番好きな映画のジャンルはヒューマンドラマ、感動系…

人間関係はラジオの周波数にちょっと似ている気がする。

表題の通りです。人間関係はラジオの周波数に似ているんじゃないか、という話を友人としたことがあります。今日はそんなことを、ざっくり以下のように分類しながら無理やり書き進めます。 合う時は一瞬でピタッと。 環境によって入ったり拾わなかったり。 何…

「努めて笑う」を人生訓に、幸せに寄せていく暮らし。

「私達は幸せだから笑うのではない。笑うから幸せなのだ。」というウィリアム・ジェームスの有名な言葉があります。私自身がよく笑う人間であり、人生の爆弾低気圧期ですら「幸せそう」と言われたこともあり、自分のキャラでこの言葉を体感してきました。 哲…

良い気持ちを込めてお金を使ったら結構楽しかった話。

私は高給取りではありません。生活には困っていませんが、「貯金めっちゃあるよ!」とは言い難く。働くことは好きですが、「稼ぐ」とか「お金持ちになる」という話にあまり関心を持たず、物欲もない人間です。そんな私が夏のボーナスで少し余裕が出てきたの…

「昼の光に、夜の闇の深さが分かるものか。」

記事タイトルはニーチェの言葉です。「分かるものか」という言葉のニュアンスから、何となく闇の視点の言葉なのかなーと思ったこともあり、過去の経験から色々な想いが脳内を往復しました。 近い言葉を言われて 身近に精神疾患を持った人がいました。日本の…

人の役に立つことを諦めない、をちょっとずつ。

中学生の時、雑誌の悩み相談コーナーで「生きることが面倒くさい 」という内容の投書を目にしました。生きるのが苦しいといった切迫したものではなく、何のために生きるのかという漠然とした疑問風。それに対して掲載されていた回答が「人の役に立ってナンボ…

「怒る」ということをしなくなった緊張感のない理由。

特に温厚な性格でもないんですが、「喜怒哀楽」のうち「怒」が薄めです。20代はよくカッカしてましたが、色々な経験を経て、怒りの感情が芽生えても割と早い段階で手放すようになりました。怒りたくない、怒れない、怒りの瞬発力が低い。どれにも当てはまる…

心に余裕を作りたい時にやって良かった4つのこと。

出張続きやら何やらで、自宅にほとんど帰っていません。24時間は平等に与えられているのに、時間が足りない…と思ってしまうことが多いここ数日。その中でも精神的なゆとりは常に保てています。というわけで、今日は「心の余裕製造法」について書きます。 赤…

オープンマインドという名のコミュニケーション術。

対人関係において、自分はとても恵まれているという自負があります。人と接する時の基本スタンスが「オープンマインド」。何もかもをさらけ出す!ということではなく、素直に自分の気持ちを開示することの重要性は、今日に至るまでに出会ってきた人やその中…

丸腰なのに森でクマと遭遇した!という心理テスト。

友人と久々に宅飲みで盛り上がった華の金曜日。とある心理テストをお酒のアテにして笑い飛ばしていた時間があったので、ブログにてご紹介します。 テスト本題 行ってみたい場所があるとします。途中に森を抜けていく必要があります。 特に不安はありませんが…

自分のブログを雑誌に例えてもらって心が弾んだ話。

ブロガーさんに自分のブログや記事を紹介して頂くことが時々あります。言及される何かしらのものが自分のブログにあると自覚できることは大きなエネルギーになり、本当にありがたいこと。そんな中で、私のブログを雑誌に例えて下さったブロガーさんがいたの…

「逆説の10カ条」を実践できる人間を目指して。

生き方や言葉から、尊敬している偉人はたくさんいますが、マザー・テレサもその中の一人。インドのカルカッタにマザー・テレサの建てた「孤児の家」があり、そこの壁に綴られていた『Anyway』から始まる言葉。これが後に「逆説の10か条」として世に広まって…

桃太郎を「盗人」と非難した福沢諭吉と多面的な視点。

昨日は私の突拍子もない質問記事に、真摯で厚みのある回答や言及、ブックマークをたくさん頂き本当にありがとうございました。到底真似できそうもない部分、実践できそうなこと、全てまぶたをクワッと開けて、じっくり読ませて頂きました。もう一回読むと思…