平日お昼にサッと読む どろんぱの散文

シンプルな暮らし、いい言葉、映画、プチプラ、ダイエット、その他日常で心に触れたものと人。

シンプル

「贅沢」は必ずしも「満足」に繋がるものではない。

友人の一人が旦那様と海外で暮らしています。仕事の都合で運転手さんと家政婦さんつき、プレスクールに通う子供2人は英語も話せるとか。一見するとラグジュアリーな暮らしですが、プライバシーも自由もない窮屈さに長年悩む彼女は「贅沢な言い分だと分かっ…

普通であることのありがたさと「知足」という言葉。

他の人の人生と自分の人生を比べることはできないし、自身を不幸だと思ったことはありません。ですがそれなりに波乱万丈と思われる経験をしたとは思っていて、数年前「世の中にこんな出来事が本当にあるのか」と思うような貴重(壮絶?)な事件も我が身に起…

ゴミ箱へ捨てなかったゴミと、行動規範の向かうところ。

出張のため、一週間ビジネスホテルに宿泊中です。毎日部屋がキレイに掃除されていて、洗面台には水滴もホコリも髪の毛もありません。お陰で仕事後は部屋に戻ったら直ちに爽やかなベッドへダイブして、ぐーたら快適に過ごしています。本記事はそんなホテル滞…

点を描くのも、その間を線で繋げるのも自分自身。

点と点を結べば線になります。定規を使って直線を引いたのは遥か昔。大人になってからはノートではなく脳内に、自分のイメージで点の間に線を引いて繋げてきました。割と都合のいい線でしたが、メリットを感じることも多かったと思っています。 人との出会い…

いくら→サーモン→炙りサーモン→いくら→サーモン。

仕事でお寿司を食べに行った時、「最初は淡白なネタから食べて…」とセオリーを熱く語る取引先のお偉方を前に、いくら→サーモン→炙りサーモン→いくら→サーモンな感じで黙々と箸を進めていた後輩がいろんな意味ですごかったので記事タイトルにしました。最近、…

100記事達成というシンプルな結果が照らしてくれたもの。

ブログを始めようと誘ってくれたリアル知人に「とりあえず100は絶対に書くから、書いてくれ」と言われるがまま、半ば意地で続けてきたはてなブログ。 飽き性、筆不精、面倒臭がりの私が脳みそを使って少なくとも100日ネタを考えたという事実を不思議に想いな…

良い気持ちを込めてお金を使ったら結構楽しかった話。

私は高給取りではありません。生活には困っていませんが、「貯金めっちゃあるよ!」とは言い難く。働くことは好きですが、「稼ぐ」とか「お金持ちになる」という話にあまり関心を持たず、物欲もない人間です。そんな私が夏のボーナスで少し余裕が出てきたの…

人の役に立つことを諦めない、をちょっとずつ。

中学生の時、雑誌の悩み相談コーナーで「生きることが面倒くさい 」という内容の投書を目にしました。生きるのが苦しいといった切迫したものではなく、何のために生きるのかという漠然とした疑問風。それに対して掲載されていた回答が「人の役に立ってナンボ…

「怒る」ということをしなくなった緊張感のない理由。

特に温厚な性格でもないんですが、「喜怒哀楽」のうち「怒」が薄めです。20代はよくカッカしてましたが、色々な経験を経て、怒りの感情が芽生えても割と早い段階で手放すようになりました。怒りたくない、怒れない、怒りの瞬発力が低い。どれにも当てはまる…

「逆説の10カ条」を実践できる人間を目指して。

生き方や言葉から、尊敬している偉人はたくさんいますが、マザー・テレサもその中の一人。インドのカルカッタにマザー・テレサの建てた「孤児の家」があり、そこの壁に綴られていた『Anyway』から始まる言葉。これが後に「逆説の10か条」として世に広まって…

「偽善」と「親切」の延長線上にある本質のようなもの。

いいことを書きそうな記事タイトルですがそうでもありません。人のために何かをする時、「自分は今いいことをしている」と心の中で思うこともあれば、後で「これは割に合わない!」と、つい見返りを求めたこともある私が、偽善と親切について考えてみました…

「エモーショナルイーティング」という言葉で見直せたもの。

ダイエット奮闘中、「エモーショナルイーティング」という言葉と出会いました。下記のような動機からくる「感情的な摂食、偽物の食欲」の意で、人間が生きるために必要な食欲とは異なる次元にあるもの。 頑張ったからご褒美 何となく冷蔵庫を開ける 食べ放題…

備えがきちんとある人は、憂いなしどころか恵まれる。

禍福吉凶というものは、人それぞれの心と行ないとが招くところに来る。 二宮尊徳の言葉です。通称である金次郎の方が、きっと皆様にも馴染みがあるはず。 運の善し悪しをあまり考えたことはなかったんですが、自分と周りを見てみると金次郎師匠の言葉がかな…

祖父母との貴重な三人暮らしで教わった智慧の話。

いつぞやのブログにも書きましたが、私は20歳前後の時、ワケあって祖父母と三人で暮らしていました。 未だに実感がない時がありますが、祖母は一昨年、祖父は去年他界。数年間の三人暮らしの中で、今もこれからも絶対に忘れてないけないと思う人生訓のような…

キレイ好き、掃除好き、整頓好き、そしてズボラな掃除好き。

お盆に帰省。1時間以内に行ける距離にありますが、予告なしに訪ねても、いつ行っても見事に綺麗に片付けいている我が実家。ミニマリストにはなれずとも、モノを減らしたシンプルな暮らしを実践中の私。ですが突然の来客には玄関先で5分待ってもらわないと…

心のこもった読めない手書き VS 美しく無機質な印字。

宛名書きの字って気になりますか?法要の案内状を出さなければならなくなった、と母から宛名書きの要請が。毛筆・手書きというスタイルを貫く母ですが「字も下手やし左利きやからうまく書けへん」というよく分からない説明を受けました。 私も書道は習ってな…

適当だけど意外と使える魔法の言葉を標準装備しています。

記事タイトルの「適当」は、「適度に適当」という意味です。言葉にすぐ感化される性分の私にはピッタリだったのか、生きていく中で自然に体得しつつある魔法の言葉たち。お陰でストレスとは距離を置いた暮らしをしています。 秘儀・開き直りには効果的なので…

ランキングという「記録に残る記憶」をくれた皆様への謝意。

約一か月半前までは、ブログを書くどころか読むのも専門外。いわばブログとは縁遠い生活をしていました。半ば勢いではてなブログを開始した当時、やるからには、自分なりにブログをより良い場所にしようと決めて書き続けてきたんですが… 読者数増加ランキン…

武将・鍋島 直茂流「七息思案」の平常心と決断力のすすめ。

思案に余る一大事に出会ったときは、一大事と考えるから決断がつかない。大事の思案は軽くすべし。武士は何事も七呼吸で決断せよ。 鍋島 直茂 という戦国武将の言葉です。その鍋島直茂を理想像として武士の心得が示された『葉隠』にも「七息思案」という言葉…

減量のプロに聞いた「腹八分」の定義に迂回で近づく作戦。

去年のダイエット期間中、現役を退いたキックボクサーの知り合いから食事内容や筋トレなど様々な指南をもらっていました。いわば減量のプロという師匠的な存在。 年明けからやや増量してしまったので、現在もゆるく立て直しを図っています。カロリー収支の観…

人の言葉は善意にとれ、その方が5倍も賢い。

記事タイトルはシェイクスピアの名言から。勉強があまり(全く)できなかったクチなので、賢いという言葉に猛烈な憧れを抱いています。 シェイクスピアのこの言葉に惹かれたのも同じ理由から。 ぼくは勉強ができない (文春文庫) 作者: 山田詠美 出版社/メー…

「歯が砕ける」という脅威的レビューの食べ物とも知らずに。

九州出張の折、小腹を満たそうと何の気なしに売店で買ったもの。 「堅パン」~健康はアゴから~名前と素敵なサブタイトルを見てもピンと来なかった鈍感力。そのお陰で、新幹線のB席で眉間に皺を寄せながらバキバキ音を立てて食べる羽目になりました。※B席 …

心を突く秀逸なキャッチコピーの数々に思うこと。

はてなブログを始めてから色々な方のブログを読むようになり、コンマ何秒で視界に飛び込むブログ記事のタイトルに、マウスポインタをマッハで置きたくなること多々。キャッチコピーや引力のあるフレーズって大事だなと改めて感じたので、今もふと思い出した…

ストレスフリーな暮らしに近づくための5つの基礎力。

プロファイリングツールでストレス耐性 Lv.10という結果が出たほどストレスフリーな体質の私ですが、先日のポテサラ記事の友人もまた、何かを食べて寝たら忘れるというあっけらかんとした性格でした。 「二人の共通点=ストレスを遠ざける因子」と言えそうな…

「お寺の御言葉」の真理がかなり攻めてきている。

お寺の掲示板に貼られている「お寺の御言葉」。 特別意識して見ることはありませんが、通りすがりにふと見かけると、そこにはためになるものや心にグッと響くものがたくさん。中でも「思わず二度見したもの」をご紹介します。 哲学的に。 ないものはない【無…

デジタル断捨離で見つけた追憶のmixi時代。

引越し後の身辺整理に伴い、パソコンのファイル整理やメルマガ解除、使わないアカウントの削除など、デジタル断捨離もついでに完了! 学生の頃に大流行っていたmixiもこれを機に退会しました。利用していた方も多いと思いますが、興味のあるコミュニティに参…

愛嬌は自分より強いものを倒す柔らかい武器。

出典は夏目漱石。大事な時にふと思い返す、好きな言葉の一つです。 私はよく笑います。関西風に言うと「ゲラ」というやつなんですが、今の自分が仲間や友人、信頼できる人たちに恵まれて過ごせているのは、こういう性格のお陰も少なからずあるのかなと思って…

人間が変わる3つの方法のうちの2つめ。

市内を約8km南に移動しただけですが、先日引っ越しました。住んでいた部屋がどうしても気に入らないとか、仕事でやむを得ずとか、引っ越さないといけない特別な理由は実はひとつもありませんでした。 むしろ固定支出も上がるし、行きつけのお店や十年来の友…

ミニマリストでも何でもないけど ゆるっと断捨離中です。

そういう方々の本にあるようなハイクラスな類のものではなく近々引っ越しで暮らしが変わるから必要なものを見直しているという話。実態は、要らないものをバッサバサ捨ててるだけです。 すっきりした部屋に住みたい ものぐさで片付けるのが面倒 何でもシンプ…