平日お昼にサッと読む どろんぱの散文

シンプルな暮らし、映画、ダイエット、プチプラ、節約、いい言葉、その他日常で心に触れたものと人。

人を惹きつける魅力的な「目」をつくるものについて。

目がとっても印象的な人と会いました。瞳が表現する内面も含め、物理的な形や大きさから人を惹きつけるのに絶大な力を発揮する「目」というパーツ。本記事は目・まぶた・瞳についての色々な話。 一重と二重 ぱっちり目と言えば二重まぶたというイメージが一…

「頭にきたときは百まで数えよ。最悪の時は毒づけ。」

記事タイトルはアメリカの作家・マーク・トゥエインの言葉。「ひたすら忍耐!」でないところが人間臭くて好きです。過去記事の通り、私は怒るということは基本的にあまりしませんが、イラっと&モヤっとぐらいは多少なりともあります。言わない方がいいこと…

心の知能指数「EQ」の意識で育てられる対人関係能力。

頭の良さを示す知能指数(IQ)という言葉は、これまで度々耳にすることはありましたが、心の知能指数「EQ(Emotional Intelligence)」というものがあるということを知りました。 EQ こころの知能指数 (講談社+α文庫) 作者: ダニエル・ゴールマン,土屋京子…

「二度としないと決めたこと」の打ち明け話に盛り上がる。

二度としないと決めたこと。ロングスカートで自転車に乗るという行為。その昔、スカートの裾が後輪に巻き込まれて大惨事になりました。高速で走っていたため見事にガッチリ絡まって取れず、でも走り続けたらビジネス街であられもない姿になってしまう!!自…

自嘲・自虐・卑下に見る、自分の弱さとの向き合い方。

先日幼馴染みと会ったのですが、会えなかった間に我が身に降りかかった割と強烈な出来事を聞いてもらいました。笑いのネタにでもしておくれ、ぐらいの温度感で話したところ二人とも大爆笑。(それはそれで若干複雑ですが…)今日は自分の弱さを見つめるにあた…

「イメージ右脳」と「ロジカル左脳」の上手いバランス。

私は典型的な右脳人間です。想いを文字にすること(ブログ執筆も)、読書、頭を使って物事を突き詰めて考えることなんかが苦手。一方で、妄想やイメージ、落書きは得意であり、感覚的に生きてきた自覚があります。 「利き脳」診断 もう何年も前ですが、教え…

古本を宅配買取に出してみたら、想定外のハイリターン。

読書は苦手な割に突然読書スイッチが入り、本を買いあさることが過去に何度かありました。(スイッチはすぐオフになるので、まさにBOOK・OFF)そして溜まっていく書籍たち。シミや日焼けなど状態があまり良くないものもありましたが、もしかしたら少しでもお…

「天上天下唯我独尊」の意味をかなり誤解していました。

田舎出身の方なら頷いて下さるかと思いますが、「天上天下 唯我独尊」と聞くと、特攻服に施された刺繡のイメージしかありませんでした。加えて残念なことに、2つの四字熟語が組み合わさった言葉だとさえ思っていた私。本日はその言葉の意味について記事にし…

大笑いしたバリウム検査というアクロバティック体験。

生まれて初めてバリウム検査をしました。「終わった後は廃人になる」「健康診断なのにダメージを受ける」など、経験者から聞かされていたのは「拷問級にツラい」という感想ばかり。どんなものなのかと思いつつ受けてみると、実際は温かい笑いに包まれて終わ…

「六次の隔たり」をはてなブログに垣間見た気がする。

ご存知の方も多いと思われる「六次の隔たり」という仮説。 六次の隔たり(ろくじのへだたり、Six Degrees of Separation)とは、全ての人や物事は6ステップ以内で繋がっていて、友達の友達…を介して世界中の人々と間接的な知り合いになることができる、とい…

枕草子をアテに、清少納言とお酒を飲んでみたかった話。

古典の授業でほとんどの人が習った「枕草子」。清少納言が書いたとされる平安時代の随筆ですが、私自身も「春はあけぼの」の段しか知りませんでした。改めて今触れてみると、随筆というよりブログに近い面白さ。清少納言と熱燗でも飲みながら一席交えたかっ…

重たい腰が上がらない時に使ってきたゆるい策。

体型と体脂肪と体重が高速で変わってきているため、一日数キロでもいいから走ることに決めました。実際に決意したのはもっと前で、かれこれ1か月以上前から「走る走る詐欺」をしていたのです。怠け者で決意してからが長い私。今回もなかなか実行に移さなか…

映像と色彩の美々しい映画5つをふらりとあげてみる。

役者を観る人、カメラワークを楽しむ人、音楽やファッションが気になる人など、映画の注目ポイントは人それぞれ。私はカラーで映画の雰囲気を楽しむことがあり、映画における「色」の役割とスタッフのセンスに惚れ惚れしています。本日は、洗練された映像美…

「嘘が得意か苦手か」が5秒でチェックできるらしいです。

宴席で仲間の一人が「嘘が上手いか下手かを5秒で判別する方法」というものを教えてくれたので、その場にいた全員でやってみました。イギリスの心理学者で大学教授でもあるリチャード・ワイズマン氏が紹介したものだそう。 簡単チェック方法 やり方はとって…

旧交を温めたら心までほっこり温まるという随想。

幼馴染みが2人います。一人は幼稚園から一緒の同性。もう一人は、出会った時は「男の子」でしたが今は二児の父となった素敵なアラフォーです。出会いから四半世紀。お互いなかなか思うように会えないなりに時間を作り、先日やっと久々に会えました。本日は…

浅い眠り、睡眠の質、入眠の儀についての振り返り。

眠りが極端に浅い日があります。布団に入ればのび太くんにも負けない(0.93秒らしい)寝つきの良さですが、問題は2時間おきに目が覚める点。眠れない程の悩みやストレスなし、日中眠くもならず、今のところパフォーマンスや健康面も問題ないのですが、原因…

ゴミ箱へ捨てなかったゴミと、行動規範の向かうところ。

出張のため、一週間ビジネスホテルに宿泊中です。毎日部屋がキレイに掃除されていて、洗面台には水滴もホコリも髪の毛もありません。お陰で仕事後は部屋に戻ったら直ちに爽やかなベッドへダイブして、ぐーたら快適に過ごしています。本記事はそんなホテル滞…

遺伝子検査サービス「MY CODE」で祖先の系統と体質を知る。

現在メディアでも多く取り上げられるようになり、様々な企業から販売されている「遺伝子検査キット」。検査を既にしたことがあるという友人が、私のことを「ゴツめで筋肉質だしお尻が無駄に大きい。日本人っぽくない」と、何とも素敵な評価をしてくれました…

点を描くのも、その間を線で繋げるのも自分自身。

点と点を結べば線になります。定規を使って直線を引いたのは遥か昔。大人になってからはノートではなく脳内に、自分のイメージで点の間に線を引いて繋げてきました。割と都合のいい線でしたが、メリットを感じることも多かったと思っています。 人との出会い…

いくら→サーモン→炙りサーモン→いくら→サーモン。

仕事でお寿司を食べに行った時、「最初は淡白なネタから食べて…」とセオリーを熱く語る取引先のお偉方を前に、いくら→サーモン→炙りサーモン→いくら→サーモンな感じで黙々と箸を進めていた後輩がいろんな意味ですごかったので記事タイトルにしました。最近、…

自慢話にモヤっとしたりされたりすることについて。

「あの人は自慢話ばかりする」と眉間に皺を寄せる人、人の話に「それって自慢?」と聞いてくる人。私は人の自慢話に腹が立つということがないというか、むしろ自慢話をされていると言う感覚があまりありません。これにはそれなりの理由があります。 自覚がほ…

南へ行けば行くほど徹底的にアツかったスペイン。

何度かブログ記事でお届けしていたヨーロッパ弾丸一人旅は、関空発からイスタンブール空港を経由してマラガ空港へ到着する便から始まりました。ちなみにマラガはスペイン南部のアンダルシア州にあります。スペインを南から北へ移動した感想を綴ります。 素敵…

親子の形や距離感は多様であっていいと思う、という話。

「自宅から実家まで30分で、週に一度は実家に帰る」と言うと「それなら実家に住めばいいのに」という通俗的な答えが返ってくることが。そりゃまあそう言うよなあ、とも思うし、母のことは大好きなので本人にもそう伝えていますが、単にこの距離感が最適だか…

ギャップの無敵感とマイナスギャップの可能性について。

本人写真を掲載できず残念ですが、ミス・パーフェクトと呼びたくなる友人がいます。ルーシー・リューばりのルックスで細く長い手足、聡明で料理も歌も上手な上に性格も良く所作も綺麗。一方で黒光りするバイクを乗り回して全国を旅する男前っぷり且つオタク…

100記事達成というシンプルな結果が照らしてくれたもの。

ブログを始めようと誘ってくれたリアル知人に「とりあえず100は絶対に書くから、書いてくれ」と言われるがまま、半ば意地で続けてきたはてなブログ。 飽き性、筆不精、面倒臭がりの私が脳みそを使って少なくとも100日ネタを考えたという事実を不思議に想いな…

自分の外見には責任を持たねばならない、と改めて思う。

外見はその人を知るための重要な材料。実際はじめましての時に、相手の人相や雰囲気から無意識に人柄を読み取っていることが多々あります。人は外見か内面か?という究極の問いにも、「人間中身で勝負やで!」と言っていた私自身、30歳を過ぎたあたりから「…

中世ヨーロッパRPGの世界観に心を射抜かれたチェコ。

何度かブログで紹介してきた弾丸ヨーロッパ一人旅。計8か国を周りましたが、どの国も甲乙つけ難い魅力や美しさがある中で、お気に入りの国もいくつかできました。ですが「どこが一番良かった?」と聞かれたら、フリーズするほど答えに困る問いながら、やは…

「友人がいなければ世界は荒野にすぎない。」

記事タイトルはフランシス・ベーコンの言葉から。今日は大好きな友人に会えるということもあり、友情という関係について思うところを記事内で表現してみたいと思います。 友人とは 私の友人は私の財産です。ですので友人を蓄えたがる私の貪欲さを見逃してく…

全力でおすすめしたい映画5つをふらりとあげてみる。

これまで「泣ける」「スカッとする」など、ジャンル別にお薦め映画をいくつかブログ記事にしてきましたが、今日は単純に「これおすすめ!」と言い続けているマイベスト映画を5つご紹介します。ちなみに一番好きな映画のジャンルはヒューマンドラマ、感動系…

苦手な人に対応するための適当かつ大胆な7つの方法。

青臭い表現ですが、出来るだけ明るく楽しく人と関わりたい性分で「苦手な人」というのが周りにあまりいません。ですが人格者でもないので、接していて違和感しかない、どうにも馴染まない人は勿論います。今回は、職場やお隣さんといった毎日のように顔を合…