平日お昼にサッと読む どろんぱの散文

シンプルな暮らし、いい言葉、映画、プチプラ、ダイエット、その他日常で心に触れたものと人。

視覚による性格テストと美しいものとパラドックス。

デザインや見た目といった「視覚的な表現」について、仕事がらみで色々学ぶ日々。

アメリカ人の友人と、欧米人と東洋人では見え方や捉え方が違うらしいという話に及び、面白そうな視覚情報テストを実践しました。

f:id:doronpa316:20171210121225j:plain

当たり前のことだと分かりつつも、他人が見る風景と自分が見ている風景は、決して同じではないんだなと再認識した結果とその他色々。

視覚テスト

数分で終わるお手軽なテストです。何人かでやりましたがやはり答えもバラバラ。

性格診断ツールは好きなのですが、学説とか研究で評価されているものを好んで行うので、これはあくまでネタ的な感じで楽しませてもらいました。

結果


f:id:doronpa316:20171210112705j:plain


あなたは信じられないほど楽観的な性格を持っています!

楽観的な正確なため、その場の状況に応じて自分を難なく変化させることができます。また、仕事においても柔軟な対応をいともたやすく行います。

とてもやわらかい思考力の持ち主です。


自分を知るべくこれまで色々なアセスメントツールを試しましたが大抵こういう結果なので、やはりナチュラルボーン楽天家なんだろうなと俯瞰的に感じているところです。

この記事で物事を見る時のフィルターについて述べましたが、薄め・変形タイプの楽観フィルターを祖父母から継承しているのかもしれません。

 

視覚と脳と心


人間が求める情報のうち80%は「視覚」から入り、人間は五感の中でも目で見た情報を大きく信頼すると考えられているそうです。

肉体の目と心の目とは別物。ですが「何を見るか選び、見たいように見ている」という意味では、自分の中で無意識に強調しているものや情報によって、心の流れも決まってくると思っています。

f:id:doronpa316:20171029110256j:plain

見たものを処理している「脳」は心と密接に繋がっているわけで、心でも肉眼でも、自分にとってより良いものをたくさん見るよう鍛えれば、心が喜ぶ暮らしに近づけるのかもしれません。

最近宮沢りえさん “ 伝説の写真集 ” を見たのですが、美しすぎて度肝を抜かれました。美しいものを見れば、ごく単純に心が潤います。

おまけ

関連リンクにこんなものも登場。難易度が高いです。所々正解を疑いたくなったり、区別の基準を教えてほしい!と心で叫美たくなるテストでした。

白黒ではマヨネーズとヨーグルトを見分けられず…

f:id:doronpa316:20171210120135j:plain



まとめ


脳内を視覚化する研究も進められている現代。自分の思考を通した世界が人様に見られると仮定すると…消した方が良いものがたくさんあるのは私だけなのでしょうか。

ブログを書いていると、目で見るものよりも言葉の方が深いことがあると感じますが、それを読んでいるのは目でもあるというパラドックス。

 


本日の名言。


肉体的に盲目であることは罪ではないが、精神的に盲目であることは、深刻なハンディ・ キャップだ。

スティービー・ワンダー

 

行方不明になった綿棒の先と病院選びの話。

出張先のホテルに備え付けられていた綿棒で耳を掃除し、綿棒を見たら先っぽの綿が無くなっていました。床に落ちていないかと探したものの見つからず

片耳を塞いで「あ゛ーあ゛ー」と言ってみたけど聴力はいつも通り。耳に違和感もありませんでした。

f:id:doronpa316:20171209121252j:plain

実家で診てもらう

帰省のタイミングで事情を話し、診てほしいと母に依頼。

我が母は「愛ある塩対応」が基本の人なので「私は医者じゃない」「老眼でどうせ見えない」「あんたの耳は小さくて見にくいから昔から嫌やった」とかブツクサ言われ、懇願してやっと実現したものの数秒で終わりました。

f:id:doronpa316:20171030071917j:plain

特に何も見当たらないけど不安だったら病院に行ったら良いという、そりゃそやな!という答え。


病院選びの基準

耳鼻科にかかったことがない上に、今夏に引っ越したので近辺の病院情報を何も知りません。おまけに耳を触られるのが超絶に苦手なので、尚更どうしようかと考えています。

f:id:doronpa316:20170926073741j:plain

今回の件に限らず、通院経験があまりないので毎回病院に行くことになると選定の基準から迷います。とりあえずネットで検索中です。

通うことになればアクセス面も気になり、大きな病院がいいとか、設備が新しいか、とか錯綜する情報たち。結局行ってみないと善し悪しも分からず、食べログみたいに口コミが充実しているわけでもないのでハズれな時も。

参考になるご意見があれば是非聞きたいです。

人と人、医師と患者

昨年の子宮頸がん検診では、小さな小さな病院へ。「超音波なんてない私らの時代は…」と問診でも色々話して下さいました。

先進医療も素晴らしいけど、きっちりした検診の説明があって、不安や疑問に答えてくれる人情味がとても好きでした。
f:id:doronpa316:20170816112649j:plain
技術とは直接関係ありませんが、院内が明るいことも、雰囲気が暗いよりはホッとできたのを覚えています。

医者と患者といえど人間と人間。 相性もあるし、行くまで善し悪しが分からないからこそ、いい先生に出会った時は何とも言えないラッキー感がありますね。



まとめ


耳掃除をしすぎると耳を傷つけるというのは兼ねてから言われていることなので、皆様気をつけましょう。

人間には自然治癒力が備わっていて、私も自分の臓器の丈夫さには自信がありましたが、30代を迎えてからは「何かがおかしい」と違和感を覚えたら素直に病院に行くようになりました。「異常がない」という何よりの成果も大切です。

f:id:doronpa316:20171011221132j:plain

週末はいつにも増してライトな記事を書きがちですが、皆様も耳をはじめお体には気をつけて、良い週末をお過ごしくださいませ。




本日の名言。


予防は治療にまさる。

エラスムス

もしも「日頃の行いのせい」と神様に言われたら?

人間は、生きている限り様々なものごとに出会います。人だけではなく、面白い本、素敵な風景など出来事そのものも含め、人生は出会いの連続です。

自分にとって嫌な出来事に遭遇し、そこへ神様が現れて「それは日頃の行いによるもの
だ」と告げてきたとします。

f:id:doronpa316:20171208115819j:plain

自分の胸に手を当て
、日頃の行いとやらについて考えた時、私は思い当たるフシがたくさんありました。
 

日頃の行い

ここ数週間、思わしくない出来事が続きました。それが自分の過去の跳ね返りや日頃の行いの結果と仮定すると、ごく素直に因果応報と思えたのです。

夜中にこっそりゴミを出したとか、実家の冷蔵庫から横領をしたとか。

他にもここでは書けないようなことがありますが、ああそういえばあれかなこれかなと、自分の中のダメな行いが次から次へと頭を巡りました。

f:id:doronpa316:20171208115959j:plain

実際のところどうなのでしょう皆様。ブログを巡回していると、聖人君子のようなブロガーさんと出会うことがありますが、人間はみんなどこかダメ人間な部分があると信じたい今日この頃。

 

もちろん善いことも

時間や体力に余裕がある時と酔っている時に、倒れている自転車を直す癖(?)があるのですが、それを見ていたお店の大将が「素晴らしい」と言って後日サービスをしてくれました。

f:id:doronpa316:20171208120057j:plain

嬉しくてお店に通うようになった矢先、なんと俳優さんが偶然来店し、一緒に飲むことが叶ったのです。

善い行いをしよう!と全力投球しなくとも、日常の些細なことに気を付けて折り目正しく生きていれば、それにふさわしい出来事がきっと跳ね返ってくると思います。

店主であれお天道様であれ、見てる人はちゃんと見ているもの。

 

とりあえず受け止める

私は面の皮が厚めで図太い神経を持っているため、良くも悪くも反省が短時間です。

我が身に降りかかった出来事も「縁があってやってきた大切なこと」と受け止められたら、それはいつかプラスの方向に威力を発揮できる材料になると思っています。

反対に「どうして自分はこんなにツイてないんだろう」と悶々とし続けている限り、モヤっとした空間に延々引っ張られてしまう気がするので、日頃の行い含め、心構えがモノを言うんだと思います。

f:id:doronpa316:20170830072414j:plain

出会いは必然派
なので、起こるべくして起こったことなのだと割り切り、翌日以降の気持ちの切り替えも早めに完了。

 

まとめ


万象の影には、自分の精神状態と日頃の行いのレベルが深く関わっていると思っています。

良いことは一旦置いておいて、せめて「日頃の行いの悪さ」が原因の何かとは出会わないような、きちんとした暮らし向きをしておきたいところ。自戒の念も込めて書き留めておきたかったブログです。

年の瀬に身を正すためのいい機会となりました。

皆様の日頃の行いは如何ですか?

 




本日の名言。


立派な殿様、賢明な将軍であるか、あるいは、馬鹿な殿様、愚かな将軍であるか否かは、日ごろの生活において決まることである。

吉田 松陰

「巧詐は拙誠に如かず」の言葉が武器と防具になる。

「巧詐(こうさ)は拙誠(せつせい)に如かず」という中国の故事成語があります。

解釈:巧みにごまかしたものは、つたなくても誠意のあるものには及ばない。


更に砕くと、下手な嘘をつくくらいなら正直にした方がいいという、戒めと教訓のようなもの。武器としても防具としても生きていく上で必要になってくるのは「巧詐」より「拙誠」だという解釈と共に考えてみました。 

f:id:doronpa316:20171207123936j:plain

勝手に考察


色々と考えを巡らせてうわべを取り繕うための可愛げのない「巧詐」は、その場しのぎになることはあれど、かえって良くない印象を与えてしまうことがあります。

かたや「拙誠」は、たとえ器用さや派手さがなくても心がこもっていること、正直であること。周りを見ていても、人から支持され愛されている人は、確かにもれなく素直です。

ただ、誠実さを振り回せばそれは「巧詐」に近くなるものだとも思います。



思想家・韓非子の話から


「巧詐不如拙誠
(原文)という言葉は、こんな話から生まれたそうです。


約2,500年程前の中国、ある貴族が狩りをしました。貴族は子鹿を捕らえ、ご満悦でしたが、心配した母鹿が後をついてくる。不憫に思った心優しい家来が子鹿を母鹿に返してやりました。

怒った貴族は家来をクビにしましたが、3ヵ月後に呼び戻して息子の教育係に任命しました。不思議に思った他の家来が理由を尋ねます。

「鹿にすら優しいのだから、人間にはもっと優しいであろう」と貴族は答えました。

巧詐は拙誠に如かず


「人間不信哲学」
「超現実主義」とも言われている韓非子の言葉だからこそ、より重みが感じられる気がしますね。

f:id:doronpa316:20171207120353j:plain

人の心を押し動かすもの


知人の祝賀会に参加した時、お決まりの「代表者からのスピーチ」というものがありませんでした。

その代わりに、主役が出席者の名前が書かれたクジを引き、当たった人が即興で祝辞を述べるという心臓バクバクの催しが。もちろん当たった人は何も用意していないので、マイクを向けられしどろもどろ。

ですが、不器用で途切れ途切れだった言葉には感慨や友情、心がこもっているのが伝わりました。

「巧詐」や「取り繕う」とは異なる話ですが、素直な心を添えるということが、結果的に周りの胸を打つものになるのだと思えた出来事でした。

f:id:doronpa316:20171207121740j:plain

 

 

まとめ


現代社会では良くも悪くも「巧詐」が横行しています。それゆえ、正直者が泣きを見る場面と、正直であることで報われる場面の双方がこの世界に存在します。

「巧詐」は一時的に効果があるだけで、長い目で見れば今も昔も「拙誠」が勝つと期待されているというのが個人的な所感。そんな世界の話はまたブログで書けたらなと思っています。

とりあえず、私も日常的に小さい嘘をつきがちなので気を付けないといけないなと思っているところです。

f:id:doronpa316:20171112212319j:plain





本日の名言。



わずかばかりの誠実さは危険、度を越した誠実さは致命的。

オスカー・ワイルド

 

 

レディファーストという気遣いを受けて戸惑う面々。

さだまさしさんの名曲「関白宣言」の歌詞を実写化したような旦那様を持つ友人がいます。

そんな旦那様と、勤務先の男性のレディーファーストぶりとのギャップに戸惑ったという話を聞き、ちょっと笑ってしまいました。

レディファーストという文化

映画の世界でも、レストランで女性に椅子を引いてあげたり、回り込んで車のドアを開けてあげたり、コートを脱がせたり着せたりが当たり前に登場します。

あれは欧米という空間で行われていて、レディーファーストが浸透しているがゆえの自然な所作だからこそ4割増しで素敵なんだと思い、映画を観ています。

f:id:doronpa316:20171206123722j:plain

自分の日常とは切り離しての鑑賞なので、レディーファーストって素敵!みたいな感覚になったこともありません。

起源についても諸説あるようで、それも少し気になっていますが割愛。

日本の文化

前述のように、元々亭主関白という文化が根付いていた日本。女性は三歩下がって男性の後ろを歩くというスタイルも、決して男性が偉そうにしているのではなく「男性が先に立って女性の身を護る」ということなのだそうです。

現代日本では「レディースデー」をはじめ、女性への割引は多く存在します。メンズデーみたいな限定的な男性向けの割引ってあまり聞いたことがないし、性的マイノリティへの配慮をという声もありそうですが、「握力55以上でビール一杯無料」なんかがあってもいいのになと思った次第です。

f:id:doronpa316:20170705122634j:plain

友人のエピソード

例の友人にレディーファーストの話を聞いてみると、男性とスターバックスに入店してお互いコーヒーを頼み、時間差で席に戻ったら「私の分のミルクと砂糖も取ってきてくれていた」とのことでした。

「いやそんなん割と多くの男性がやるんちゃう…」と答えたんですが、男性とかいう以前に、人としてやるべき行動のような気もします。

周りの人に分け隔てなく、自然と振舞えることが鍵なのかもしれません。

f:id:doronpa316:20171206121710j:plain

実体験

過去に恋人がカバンを持とうとしてくれたことがあります。もちろん気持ちは有難いことですが、やんわりお断りしました。

よほど荷物が多いとか、自分では持てない重さであれば男性へお願することはあれど、自分でできることであれば基本的には自分でするし、したいと思っています。

街中出の出来事で、慣れない気恥ずかしさもありましたが、断った最大の理由は「自分で持てるから」でした。

f:id:doronpa316:20171009222233j:plain



まとめ


「亭主関白」というともはや古いかもしれませんが、元々日本は「メンファーストの国。自然な「在り方」はその文化が属する地域によって変わってくると思います。

スマートにレディーファーストが出来る男性はモテるだろうし、心構えとしてとても素敵だと思いますが、私自身、女性として生まれて得をした経験は男性より多いと思っているので、もう充分です。



本日の名言。



自分自身を扱う際には、頭を用いなさい。ただし、他人を扱う際には、心を用いなさい。

エレノア・ルーズベルト

ブログ執筆・編集・校正で改めて気をつけたいこと5つ。

仕事柄、「編集」という作業が増えてきています。扱うのは紙媒体やデータと色々ですが、よく考えたらブログという名のWebメディアも立派な編集作業

仕事での編集作業での留意点が、ブログ執筆にも通じるところがいくつかあったので書き出してみました。

f:id:doronpa316:20171014144540j:plain



内容を明確にする

 

筋道の通った流れがある

表現が分かりやすい

簡潔な構成にまとめる


すらすらとストレスなく読めるブログが個人的には好きなので、起承転結の重要性を痛感しています。絵や写真を引き立たせるならテキストは控えめにしたり、文章が多い場合は目的をしっかりさせておくと良さそうです。終止形にも気を付けたいところ。

情報を整理しておく

 

目的や落としどころを整理する

主旨・メインメッセージを決めておく

流れを決める

f:id:doronpa316:20171205121827j:plain


新聞をイメージし、先に項目(中見出し)を決めて、それに沿って書くと論点がまとめやすくなります。事前に情報がきっちり整理されていると執筆もスムーズ。分かってはいるのですが、私はこの点がまだまだ課題です。

色との付き合い方


読みやすいフォントと配色が重要。メイリオや游ゴシックが一般的と言われています。色覚的にも彩度は高すぎず、暖色or寒色同士を組み合わせない方が良いそうです。フォントの色に頼らず、一記事4色ぐらいに留めておくとスッキリとした仕上がりに。

配色に迷ったら、このサイトを参考にしています。

余白と構成

f:id:doronpa316:20171005100617j:plain

段落や行間に気を配れば俄然見やすくなります。また、余白に重きを置くのも効果的。余白は文章同士を区切ったり、情報量の圧を緩めたりする重要な役割を担っています。

最終的にプレビューで自身が見にくいと思った箇所は、確実な修正を。

執筆メンタル


当たり前なのですが、発信する側の価値観がブレていると伝えたいこともぼやけてきます。

f:id:doronpa316:20171205121457p:plain

リスクが伴う記事内容でも、書く前に「もう今からこれを絶対書く」と決めてかかった方が執筆時間が短縮され、編集に時間を回せます。

まとめ

このたび試験的にPROに移行しました。私は物書きでもないド素人ですが、より良い記事を書けるよう努めたいと新たに思っているところです。

説明するのが難しいのですが、記事からの印象で「丁寧に書いてるなあ」と感じるブロガーさんがいます。文体や構成からこだわりを感じるというか。そしてそういうブロガーさんは、やはり周りの指示も厚い印象。

どういう順番で出して、どの角度から見るか、どう終盤に持っていくか、視覚的にはどれで主張するのかを考えた時、ブログって脚本家とか映画監督にも似ているのでは…と今思っています。ブレてますねー。

f:id:doronpa316:20171205122011j:plain




本日の名言。


モノマネから出発して、独創にまで伸びていくのが、我々日本人の優れた性質であり、逞しい能力でもあるのです。

野口 英世

『つもりちがい10ヶ条』の深さを勝手に広くアレンジ。

最近目にした貼り紙が気になったので調べてみたら『つもりちがい10ヶ条』と言われるものでした。

長野県飯田市にある元善光寺のご住職が作られたとされる言葉だそうで、私が知らなかっただけで、職場や登山道など様々な場所に標語として貼られているものだそうです。

今日は『つもりちがい10ヶ条』を繰り返して読んでの考察です。

 

つもりちがい10ヶ条

一. 高いつもりで 低いのは 教養
二. 低いつもりで 高いのが 気位
三. 深いつもりで 浅いのは 知識
四. 浅いつもりで 深いのが
五. 厚いつもりで 薄いのは 人情
六. 薄いつもりで 厚いのが 面の皮
七. 強いつもりで 弱いのは 根性
八. 弱いつもりで 強いのが
九. 多いつもりで 少ないのは 分別
十. 少ないつもりで 多いのが 無駄

 

自戒をこめて

耳が痛くなる言葉ばかりです。「人生における教訓」と素直に受け止める人が多いのではないでしょうか。

f:id:doronpa316:20171204120618j:plain


自分を内観するために真逆のことを考えてみるというのも面白いパターンだなと思います。

あくまで個人的な観点なのですが、10個もずらっと並ぶと得も言われぬ圧力みたいなものを感じるので、生真面目な人や繊細な人なら反省しきりになってしまいそうな気がします。

項目番号別に「4と10が特にダメ」という程度に受け止めることにします。


発想の転換

10ヶ条を活かし、「自分で思っている以上にやれている面」に目を向けつつ『逆・つもり違い10ヶ条』を考えました。

「弱いつもりで強いのがスタミナとか「浅いつもりで 深いのが思慮などなど、ポジティブ(?)に自分を励ます言葉に変換してみるとか。

f:id:doronpa316:20171104125210j:plain

もちろん欠けているものやできていないこと、驕っている部分に目を向けることも必要なのですが、こっちの方が人によっては効果があるかもしれません。

余談


ネットを見ていると

「低いつもりで 高いのが 税金」
「少ないつもりで 多いのが 脂肪」
「厚いつもりで 薄いのは 財布」

とか面白おかしくコメントをしている方も多々。検索している「つもり」が、気づけば10箇条の大喜利の方に夢中になっていました。

私がこの『つもりちがい10ヶ条』の貼り紙を見つけたのが居酒屋のトイレの壁だったというのもどこか妙な話だなと思いつつ、頭の片隅に置いておくことにします。

f:id:doronpa316:20171204122647j:plain





本日の名言。


君子は泰にして驕らず、小人は驕りて泰ならず。

論語より